「リビングでtinder」?使用されるインターフェースに適合し変化するdating

Hi カイルだよ! 今日はtinderが提案している新しいdatingの形を紹介するよ:)

みんなが知っているtinderはスマートフォンアプリだよね.基本的にはユーザーに若者が多くて,一人でカジュアルな出会いを楽しむイメージがあるんじゃないかな?

でもtinderはそれ以外の使い方を提案するためにApple TV版やデスクトップ版のTinderを発表しているんだ.

alexander-dummer-150646

▼家族みんなでTinder?

続きを読む

自社事例から考えるYouTubeマーケティング ~「コイワザ」のチャンネル登録者数がたった3ヶ月で0人から23,000人に増加した背景

皆様お久しぶりです。Shindyです。

先日の記事でもお伝えしていたYouTube番組の数値がかなり上がってきたので、報告と考察をまとめてみました。

CPIに振り回されている企業のマーケティングご担当者様、「こういうのもあるんだ」と覗いてみてくださいまし。

pexels-photo-159888-crop

続きを読む

Smart Datingという未来--新感覚のDatingの可能性について

Hi カイルだよ!

今日はeHarmonyが公開したThe Future of Dating How Smart Tech Will Transform Dating

について解説するよ.以前にも話したVRとDatingレポートの続報だね.

今回のレポートは将来実現するであろうウェアラブルデバイスやスマートホームがDatingに与える影響を、eHだけではなくUCL(Univarsity College London)の研究者たちも一緒になってまとめているんだ.

pexels-photo-30342-1

続きを読む

本当にバズを目指すべき?SNS運用に関する大いなる誤解について

ハロー、皆様おひさしぶりです。Shindyです。

先日記事にしたYouTube番組「コイワザ」ですが、合計再生数が早くも100万を超え、順調に再生数が伸びていっております。中でも当たっているのはこの動画。

それにしてもYouTubeってこんなにコメントつくものなんですね…。

さて今回の本題ですが、弊社サービスが次に挑戦するのは、SNS運用です!
続きを読む

インターネット×恋愛から◯◯× dating serviceへ--eHarmonyが予測するDatingの近未来

Hi  カイルだよ!今日はVRとは違う方向性でのDatingの未来について紹介するよ。

eHarmonyって知ってるかな?2000年にスタートした老舗で、世界でもトップクラスに大きいDating Serviceだね。

実はこの会社、Dating Serviceを展開しているだけでなく、テクノロジーやサービスの未来の予測を行い公開しているんだ。

今日はそんなeHarmonyが考えるイギリスの未来を紹介するね。

16967984348_bc9ff8f74a_z

続きを読む

本当はアメリカ以上?AM総研から見えてくる日本のDating Service利用率

 

by Serge Seva-crop

Hi カイルだよ!最近は海外の話ばかりしちゃってたから、今回は日本のdatingについて話しちゃうよ。

みんなはdating serviceつかってる?もしくはみんなの知り合いでdating serviceを使っている人はいるかな?もしかしたら公言してないだけで使っている人もいるかもしれないね。

Diverseが運営するAMというメディアが女性読者1800人以上を対象に恋愛と性についてオンラインで調査したんだ。アンケートで得た数字を元に日本人女性の本音を分析し、「AM総研」としてリリースしたから興味がある人にはぜひ読んでほしいな。AM総研ではたっくさんのデータがあるんだけど、全部載せるととっても長くなるから一部しか載っていないんだ。

例えば全てが載っている資料には「2015年にDating Serviceを利用しました?」と尋ねたところ29.4%が「ある」と回答していて、アメリカと同等もしくはそれ以上の利用経験がある可能性が見えてきたんだ。

続きを読む

YYC、番組はじめるってよ。

by garryknight-crop

みなさんこんにちは、Shindyです。

とうとう8月を迎え、元気に夏バテしております。

みんな!ずっとクーラーの聞いた部屋で仕事しちゃダメだぞ!たまには外に出ような!(自戒)

 

これまでの記事で、YYCがいくつか取り組みを行ってきたことは紹介したね!

今まで、代理店中心だった元々の運用から自社配信に切り替えて、CPI最適からROAS最適に切り替えもして、どんどん獲得の効率化を進めてきたんだ!

 

さて、そんなYYCのマーケティングだけど、ついにCPIを無視することにしたんだ!

ちょっと何を言ってるかわからないかもしれないけど、これから説明するから安心してね!

続きを読む