最新型の業務用脱毛機は機種によって違ってきますが、ワンショットあたりのランニングコストは、およそ0.1円代から1.2円代ぐらいが一般的となります。
業務用脱毛機や、施術を行うエステティシャンの技術力によっての差が生じてきますが、全身脱毛の施術は、およそ2000ショットから3000ショットぐらいが必要になってくることが多いので、全身脱毛の施術にかかるランニングコストは、およそ200円から3600円ぐらいまでと大幅な差が生じてくることになります。

ちなみに、これまで使われてきた中古の業務用脱毛機の場合は、ワンショットあたりのランニングコストが、およそ2円ぐらいになっている機種もあるので、なるべく新しい業務用脱毛機を導入するのが望ましいということになります。



全身脱毛1回分にかかるランニングコストを、およそ1000円ぐらいに抑えることができれば、全身脱毛の施術料金の設定を思い切って安くしても利益を充分に確保できることになります。



大手のエステサロンの場合だと、およそ20万円から30万円ぐらいの価格設定になっていることが多いですが、およそ10万円から15万円ぐらいの価格設定にしてみれば、個人で経営しているエステサロンや、小さな規模で経営しているエステサロンでも、大きなセールスポイントにすることができます。

最新型の業務用脱毛機を導入していれば、安いランニングコストを前提にして全身脱毛などのコースの価格設定を決めることができるようになります。



おすすめリンク ⇒ 脱毛機について知りたいならこちらです。

Copyright (C) 2016 業務用脱毛機のランニングコスト All Rights Reserved.